ヘアー&エステサロン hair face

Q&A

Q&A

床屋の発祥地は…~そして床屋という名称の由来~

 

髪結職の業祖に関しては「一銭職由緒書」という史料が各地に伝えられています。それによると、『亀山天皇の頃(1259~74)、京都北面の武士の藤原晴基は、御預かりの九龍丸の宝剱の紛失の責任から浪人し、子息の采女亮(うねめのすけ)とともに、当時、蒙古襲来で風雲急を告げる下関へ下り、往来の武士を客として月代そり髪結業を営み探索を続けた。晴基は弘安一年(1278)没し、采女亮は3年後この地を去った。~中略~十七代目の藤七郎は元亀三年(1572)、武田信玄に敗退中の徳川家康の天竜川渡河の案内をし、その功績で笄(こうがい・髷に横にさすかざり)と銀銭一銭を賜り、以後一銭職と称えるようになった。~後略~』と伝えられています。
つまり、采女亮が下関で髪結いの仕事をはじめたのが床屋の始まりとされているのです。
なお、采女亮が開いた店には床の間が設えられ、そこには亀山天皇を祀る祭壇と藤原家の掛け軸があったことから、人々は「床の間のある店」→「床場」→「床屋」と呼ぶようになったと言われています。
采女亮は建武二年(1335)七月十七日に没しましたが、昭和初期の頃まで、全国の理容・美容業者は敬髪と始祖の冥福を祈るため、毎月十七日を定休日としていました。
なお、十七日定休日にはもう一つの説があります。それは、天竜川渡河の案内をした徳川家康、後に江戸幕府を開いた征夷大将軍ですが、その家康の命日が十七日(元和二年四月十七日没)であったことに由来するというものです。いずれにせよ、十七日は髪結職にとっては特別で重要な日であったことだけは間違いなかったのです。 
※現在、理容室に床の間などないので『床屋』と呼ぶのは死語です。


「エステ」は理髪師が輸入した技術だった~米人医師に見込まれ習得~  

 

今、女性を美しくする職業として脚光を浴びているエステティック。最近はエステサロンにメンズ・コーナーができたというテレビCMも放映されています。
あまりご存じないかもしれませんが、エステティックの中のフェイシャル・マッサージは、実は理容店からスタートしたのです。
明治28年、日本の西洋理髪師の祖の一人、松本定吉の弟子・芝山兼太郎は、横浜・山下町103番地に「日之出軒」を開業しました。当時の『貿易新聞』に「横浜名物は、伊勢崎町の吉野志る粉に、山下町の日之出軒」と記されたように大変な人気を博していました。
2年後、兼太郎は日之出軒・婦人部を設け、山下町31番地、オリエンタル・ホテル前に「パレス・トイレット・サロン」を開業しました。
明治38年11月、兼太郎は、アメリカ人医師のドクター・W・キャンブルーとの運命的な出会いをし、マッサージ(血行療法を主とした求心的マッサージ法)の教えを受けました。そのマッサージは「フェイシャル・マッサージ」として営業品目に加えられ、評判を呼びました。
後に、このキャンブルー式マッサージは「生理的マッサージで、顔がとてもきれいになる」とのことから『美顔術』とよばれるようになり、全国に広がっていきました。
世界的に見ると、エステティック自体は約200年前にすでにその定義がなされていましたが、美容的意識をもちはじめたのは第2次世界大戦以後で、また現在のように定着したのは1970年以降のことでした。
なお、エステティックは、現在の理容師、美容師になるための養成施設の教科書にカリキュラム化されていますし、理容店でもメニュー化してお客様に喜ばれているところが数多くありますので、1度お試ししてはいかがでしょうか。


理容室と美容室はどう違うの?

美容と理容の違いは、男女の違いではなく、法律によって業務範囲が示されています。
理容師法によると、理容とは頭髪の刈込、顔そり等の方法により容姿を整えること。(理容師法第1条の2)
一方、美容は、パーマネントウェーブ、結髪、化粧等の方法により容姿を美しくすること。(美容師法第2条)
つまり、もともと理容室は髪を切る、美容室は髪を結うところだったのですね。しかし、今では当然美容室でカットは出来ますし、理容室でもパーマをしてもらえます。
受けられるサービス内容はかなり近づいているといえます。理容室の特徴的なサービスとしては顔そりがあるということでしょうか。
顔そりは理容師にしか認められていないサービスです。顔そりを受けると化粧ののりがよくなることから、理容室に行く女性も増えています。
理容室の特徴としてもうひとつ挙げられるのが、ショートヘアスタイルの技術が高いということです。メンズヘアカットに特化した理容室もあり、男性が好む短髪のヘアスタイルを得意とする理容室が全国に沢山あります。

女性が理容室に行っても大丈夫?

もちろん大丈夫です。理容競技大会などでは、レディスカットに多数の理容師がエントリーし、技術の向上を図っています。理容店では顔がツルツルになる顔剃りや、理容ならではのカットテクニックが体験できます。個室やエステが受けられる理容室もあり、女性にも利用しやすいお店が増えています。

理容院や床屋さんの店頭にあるサインポールの意味は?

サインポール(signpole)は理容店を示す細長い円柱形の看板。赤・白・青の三色の縞模様(レジメンタル・ストライプ)がクルクルと回転します。
英語圏ではバーバーズポール(Barber's pole)と呼ばれています。日本のサインポールの模様は、右側に行くに従って上がる、いわゆる「Z巻き」が圧倒的に多いようです。
サインポールの由来には諸説ありますが、中世のヨーロッパで、当時の理容師が外科医を兼ねていた(「床屋外科」と称した)ため、赤は動脈、青は静脈、そして白は包帯を表しているという説がもっともよく知られた説です。

理容院と美容院のシャンプー台の違いが気になります。

一般的に理容院や床屋さんでは正面の鏡の下に設置されたシャンプー台で「前かがみ」にシャンプーを受けるお店が多いです。美容院では逆に「あおむけ」でシャンプーを受けることになります。これは女性のお化粧が落ちてしまうことを防ぐのと長い髪の場合「前かがみ」よりも「あおむけ」の方が洗いやすいからといわれています。理容院でも最近は「あおむけ」にシャンプーを受けられるサロンも増えていますので、シャンプー台が気になる方は、各理容院に直接聞いてみて下さい。

理美容室でうけられるレディースシェービングってどんなサービス?

レディースシェービングとは顔や背中、襟足などのお手入れをして、キレイを体感できる女性のためのメニューです。
男性のみのイメージだったシェービングも、最近では多くの女性が気軽に受けるようになりました。もともとシェービングは高度な技術を必要とする作業で、理容師にしか認められていないサービスです。レディースシェービングでうぶ毛を剃ることにより、肌が白く見えます。お肌の凹凸が無くなれば、お化粧のりが良くなります。自己流シェービングだと、見えにくい部分は丁寧に行えず、剃り残しやお肌に負担をかけてしまうケースもあります。お肌のことも考えて安全なサロンで、プロによる確かな技を体験してください。うぶ毛を処理すれば顔色は明るくなり、メイクのノリが違ってきます。
サロンによってメニューや剃る部分はさまざま。サロンの中には、エステメニューと合わせてシェービングしてくれたり、ブライダルシェービングを提供してくれたりするところもあります。

PAGE TOP